ライバーに向いてない人は?

ライバーに向いてない人は?

副業として注目を浴びているライバー、その理由としては稼げる。そしてスマホがあれば簡単に始められるという点です。

副業としては始めるには正直言ってかなり簡単な部類です。もちろん知識がないとどうしていいかわからないので、そのためライバープロデューサーが存在するのですけどね。

しかしそんなライバーでもあるデメリットが存在します。そこを考えていきましょう。

募集枠を確認!!!
ライバープロデューサーアカデミー
公式HPへ

ライバーのデメリット

まだ新しい職業なので世間的に認められてないということもあります。今ではなりたい職業になったユーチューバーも最初はかなり奇特な目で見られていました。

だからこそ稼げる余地があるのですが、そこでライバーのデメリットを考えてみました。

会社員の場合は副業規定に引っかかるかも

自分の顔を出してライブ配信を行うため、詳細な身元がバレてしまう「身バレ」のリスクが高いことがデメリットです。

ライブ配信では自分の顔を出しますし、話している内容から住んでいる地域や通っている学校などがバレやすく、本名や住所などの個人情報が流出してしまうリスクがあります。

顔バレは声だけの配信で防げますが、会社が副業禁止の場合は要注意でしょう。会社員の場合は就業規則を確認するのをおすすめします。

アンチが登場する場合も

ほとんどが純粋なファンで応援してくれるのですが、なかには不快なコメントをするアンチが存在する可能性もあります。

アンチコメントは無視するのが一番ですが、コメントを読んで落ち込むこともあるでしょう。また逆上して対抗してしまい、大きく炎上することも考えられます。

そういうライバーがいたらライバープロデューサーの出番です。しっかりとフェローをして最適な環境を整えてあげましょう。

地道に続ける必要がある

ライブ配信で稼げるようになるためには、地道にファンを増やしていく努力も必要です。ファンを増やすために魅力的な配信内容を企画したり、自分自身のスキルを磨いたりする必要もあります。

もちろんモチベーションだったり企画だったりはライバープロデューサーが考えるので安心してくださいね

ライブ配信を始めてもすぐに稼げるようになるわけではなく、稼げる人気ライバーになるには地道な努力を続ける必要があることを理解しておきましょう。

ライバーとライバープロデューサー

お互いに二人三脚でやっていきます。ですのでお互いに足りない部分を補うのが理想の関係と言えます。そうすればライバーもライバープロデューサーもしっかりと利益を出せます。

募集枠を確認!!!
ライバープロデューサーアカデミー
公式HPへ
TOPページを見る