ライバーの収入方法とは

ライバーの収入方法とは

ライバープロデューサーになって一流のライバーを育てる。そうしていけば自動的に不労所得が手に入るのがライバープロデューサーの嬉しいところです。

ノウハウだったりはライバープロデューサーアカデミーに入れば全て手に入りますが、先にどういう形でライバーの収入があれば、より明確なビジョンが湧くと思いますので、そこを見ていきましょう。

ライバープロデューサーアカデミー公式HPへ

ライバーの具体的な収入

ただ生配信していればお金が儲かるというわけではありません。それでは、ライバーとして稼ぐ仕組みについて解説していきます。稼ぎ方をしっかり学んでおくとプロデューサーとしても理解ができます。

視聴者から投げ銭と呼ばれるものを収入とする

投げ銭とは聞き慣れないかもしれませんが、「路上ライブをしている人にお金を投げ入れる行為をネット上でやっている」とイメージしていただけると理解しやすいと思います。よくギターケースにお金入れるようにお願いしていますよね。

視聴者がライバーの歌やダンス、トークなどのパフォーマンスに対して、投げ銭をすることでライバーは収益を得ています。

ライバーは視聴者との関係性が強く影響が出てくる職業だと言っても良いでしょう。

独りよがりのライブ配信だと視聴者が増えなかったり、投げ銭をしてもらえなかったりするので、しっかり視聴者のニーズには答えていかなければなりません。

ちなみに投げ銭のことはアプリではギフトなどと言われていることを覚えておくといいでしょう。

また有料放送にして稼ぐという手段もありますね。

企業の案件で収入を得る

ライバーとしてある程度有名になってくれば、インフルエンサーとして企業から企業案件依頼がやってくることもあります。

例えば、特定のライブ配信アプリで有名人になれば、そのアプリの公式ライバーとして動画広告の出演依頼もあり得るかもしれないです。

このようにインフルエンサーにまでなると、投げ銭以外にも企業案件で収益を立てることができます。そうすると稼ぎが上がりますよね。

ただし、企業案件ばかり受けているとファンから嫌われるリスクもあるため塩梅は大事です。

ライバーの収入のまとめ

多くのライバーは投げ銭で収入を得ていることがわかりました。しかし人気も出てくると企業案件などでまとまった収入を得ることも可能です。

さらにメディアなどにも露出する可能性もあるので可能性は無限大と言えますね。まさに夢のある仕事といえるのではないでしょうか。

ライバープロデューサーアカデミー公式HPへ
TOPページを見る